沖縄県 西原町の保育園 海星学園では、YYプロジェクトを導入し沖縄の未来を担う子供達の無限の可能性をひきだします。
沖縄 西原町の保育園 海星学園 お問い合わせ 098-945-4154
TOP
YYプロジェクトについて 保育方針・園の紹介
一日の流れ 一週間の設定カリキュラム 年間行事予定
保育料金 その他の費用 ご準備いただくもの
お知らせ
フォトギャラリー 保育風景
海星学園
〒903-0116
中頭郡西原町字幸地1033-1
電話・FAX 098-945-4154
YYプロジェクトについて
保育方針
園の紹介
YYプロジェクトの保育環境の設定
「心の力」とは正義感や道徳観などの心の関するものです。子どもは誰でも本来まじめな心、やさしい心、忍耐力等をもっています。
しかし子どもが育てられる環境によってはこうした心のあり方は望ましくない方向に行ってしまうことがあります。
「学ぶ力」とは理解力と思考力、洞察力を兼ね備えた力のことです。
つまり「自学自習の力」です。
この「学ぶ力」はすべてのものごとの基本です。
「体の力」とは体力や柔軟といった力のことです。
運動神経をつかさどるのは小脳ですが、小脳は6才までにほとんど出来上がると言われています。
つまり運動神経の善し悪しは6才までに決まってしまうのです。
具体的には以下の保育内容で毎日行っていきます。
かけっこ
今の環境の中で子ども達は思いっきり走り回るということができません。安全な園庭の中で思いっきり、短時間、数人で走ります。勝つこともあれば負けることもある。子どもにとっては勝負を競い合う楽しい遊びです。走ることによって腰骨が立ち、姿勢がよくなり、集中力が身につきます。
体操
柔軟体操を毎日20分程度行います。どんどん体を柔らかくしてブリッジ歩きやブリッジ回転、側転、逆立ち歩き、跳び箱等に挑戦します。少しずつ出来るようになり、面白いからもっと練習したくなる。次に行きたくなる。この繰り返しで子ども達は運動が好きになります。子ども一人ひとりの段階を見極めて無理やりにやらせることはしません。
読み書き・計算・音楽
無理に教え込むことはしません。一斉授業もしません。子ども達は、年少の時期にはひらがなに興味を持ち始め、年中の時期には絵本を拾い読むよみするようになり、年長の時期には自分で読みたい本を本棚から探して読むようになります。本に興味を持ち、本が好きになるように環境を工夫します。
並行して「YOKOMINE式学習帳(書き取り帳)」を行います。子ども達は自分の興味とペースで進めていきます。書き順も正しく、バランスのとれたカタカナ、ひらがなを書けるようになることを目指します。
ピアニカを年少児から親しみます。
仲良く遊べる子
あいさつ・返事のできる子
自主性のある子
園名 海星学園
所在地 〒903-0116
沖縄県中頭郡西原町字幸地1033-1
電話・FAX 098-945-4154
事業開始 昭和54年 9月 1日
設置者 株式会社 海星プランニング
管理者 島尻美恵子(施設長)
提供する保育サービス
開所時間 平日 7:30〜18:30 延長19:30まで
土曜日 7:30〜13:00 延長16:00まで
定員・面積
A室 B室 C室 D室 E室
18人 19人 30人 21人 28人 116人
29.96u 31.53u 49.54u 34.59u 46.89u 192.51u
保育内容
YYプロジェクト(読み・書き・計算・体育・音楽)
保育従事者等の配置
・有資格者 5人 ・保育従事者 10人
施設の概要
建物の構造 鉄筋コンクリート2階建の1階
主な設備 保育室・乳児室・調理室・子供用トイレ・園庭
当施設は児童福祉法第35粂の認可を受けていない保育施設(認可外保育園)として、同法第59条の2に基づき都道府県への設置届出を義務付けられた施設です。
※設置届出先 沖縄県 子ども生活福祉部 子育て支援課 TEL 098-866-2457
海星学園
〒903-0116
沖縄県中頭郡西原町字幸地1033-1
電話・FAX 098-945-4154
開所時間 平日 7:30〜18:30 延長19:30まで
土曜日 7:30〜13:00 延長16:00まで
学童もやってます!!

大きな地図で見る
▲一番上に戻ります
Copyright 海星学園 2011. All Rights Reserved.